背中ニキビケアの③STEP

背中ニキビをケアする3STEP

背中にあるニキビは自分ではなかなか見えません。

でも、だからこそどうなっているか余計に気になるし、気になって触ってしまったりしがちですよね。

なかなか治らない背中ニキビ、いったいどのように対処すればよいのでしょうか。

自宅でできる方法をご紹介します。

背中ニキビの原因は複数!?

背中ニキビのできる原因は実にさまざまです。

一つの原因だけではなく、二つ、三つと複数の原因から引き起こされていることもあります。

そのため、一つの原因を取り除いただけでは治りにくいということがよくあります。

しかし、原因を知らずして対処はできませんよね。

ということで、どんなことが原因として考えられるかをまずは知り、そしてその後に対策を考えていくというのが得策です。

では、どんな原因があるかみていきましょう。

寝汗

寝汗寝ている間にヒトはコップ一杯分くらいの汗をかくと言われています。

布団と体の接触面が一番汗をかきやすい場所です。

仰向けの状態で寝ることにより、背中に汗がこもってニキビの原因となることがあります。

対策方法は、汗を吸収しやすい綿などの生地のパジャマを着ることです。

また、清潔なパジャマを着ることも大切ですので、できるだけ頻繁に洗濯を行うように心掛けるとよいでしょう。

同時に、布団やシーツ、マットレスを清潔に保つことも大切です。

できるだけ洗濯をしたり、干すか布団乾燥機を使うなどして菌の繁殖を防ぎましょう。

洗濯洗剤

洗濯用洗剤いくら洗濯を頻繁にしても、パジャマに残ってしまった洗濯洗剤や柔軟剤の刺激が原因でニキビができることがあります。

肌が敏感なタイプの人は、洗濯洗剤や柔軟剤が原因になっている可能性が高いので、合成洗剤を控えることが対策になります。

合成洗剤には、界面活性剤や蛍光増白剤、香料など、肌へ刺激を与えると考えられる成分がたくさん入っています。

せめて肌着だけでも洗濯石鹸で洗うのがおすすめです。

粉状のものもありますので、洗濯洗剤を一新するというのもよいと思います。

柔軟剤は使わないのがよいでしょう。

使うのであれば、クエン酸など自然派のものを使いましょう。

シャンプー

シャンプーシャンプーをして流した時、流れたお湯が背中についたままになることも原因として考えられます。

もちろん、トリートメントやリンスにも同様のことが言えます。

対策としては、頭を洗ってから体を洗うようにするとよいでしょう。

また、髪の毛が長い人はシャンプーやトリートメント後にヘアゴムやヘアクリップなどで束ねておくことで、髪の毛に残ったシャンプーなどが背中につくのを防ぐことができます。

紫外線と乾燥

紫外線紫外線が背中に当たることにより、皮膚の角質が硬くなってしまい、ニキビの原因になることがあります。

また、紫外線に当たって日焼けをすると、肌が乾燥して体が勝手に皮脂を多く分泌する原因になります。

できるだけ背中を紫外線に当てないように、プールなどではTシャツなどを着て紫外線から肌を守りましょう。

日焼け止めを使う場合には、アルコールやパラベン、香料が入っていない低刺激性の日焼け止めを使うのがおすすめです。

また、SPFが低いものを選ぶと肌への負担を和らげることができます。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバー健康な肌は約28日の周期で生まれ変わっています。

これをターンオーバーというのですが、ターンオーバーが乱れると、古い角質が垢になって剥がれ落ちるのを妨害し、毛穴をふさいでしまいます。

ターンオーバーを正常に保つには、生活習慣の改善や保湿を心掛けるとよいでしょう。

できてしまったニキビのケア

背中ニキビ予防をする方法をいくつか見てきましたが、既にできてしまって悩んでいる人が多いと思います。

では、既にできてしまった背中ニキビはどのようにケアをすればよいのでしょうか。

まず、一番に考えて欲しいのは、清潔を保つことと保湿を心掛けることです。

指についた雑菌で悪化することも多いので、気になっても絶対に指でいじったりしなようにしましょう。

おすすめのケア用品

ジュエルレイン背中ニキビのケア用品にも色々とありますが、おすすめは『ジュエルレイン 』という商品です。

使い方は1日2回塗るだけです。

ジュエルレインをおすすめする理由は、有用成分としてグリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタが配合されているからです。

また、無添加なので肌に負担が掛かりにくいこと、そして、ニキビの改善に役立つだけではなく美容効果も期待できるという点もおすすめする理由です。

有用成分①:グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kとは、グリチルリチン酸二カリウム、グリチルリチン酸ジカリウムグリチルリチン酸K2、グリチノンK2などと呼ばれることもあり、抗炎症作用があることで知られています。

実はこのグリチルリチン酸2Kは、病院で処方されるニキビ治療薬にも含まれています。

つまり、医者も認める有用成分と言えるでしょう。

しかしこのグリチルリチン酸2K、副作用があるとして忌み嫌われることがあります。

でも、安心してください。

副作用は飲み薬に対しての話なので、塗り薬であるジュエルレインの場合には関係はほとんどないと思って良いです。

有用成分②:水溶性プラセンタ

水溶性プラセンタには、細胞分裂の活性化を期待することができます。

このことが、ニキビの改善に役立つと言われています。

プラセンタとは、直訳すると胎盤を意味しますが、胎盤そのものが配合されているわけではありません。

胎盤から抽出されるさまざまな栄養素、そして細胞分裂を活性化させると言われている成長因子を抽出して作られています。

美容効果も期待できるとして近年、美容業界で非常に注目を集めています。

ジュエルレインは無添加

ニキビ肌はデリケートなので、ケアも慎重におこなうことが求められます。

しかし、保湿をしたくても保湿クリームには多くの添加物が入っているものが大半です。

ジュエルレインなら、合成香料、着色料、アルコール、パラベン、鉱物油など、一般的な化粧品の多くに使われている添加物が使われていないので、デリケートなお肌のケアにもピッタリです。

日本製というのも安心できる要素の一つです。

自宅でできる背中ニキビの治療方法のまとめ

背中ニキビを治すには、一つの方法では難しいことが多いのですが、多方面からのアプローチすることで効果を実感しやすくなると思います。

ニキビができないようにする生活を心掛けて原因を取り除き、できてしまった場合には清潔を保ちつつ、ケア用品を利用するのがおすすめです。

ケア用品は、何でもいいわけではありません。

ちょっと高いですが、効果が期待でき、肌の負担となりうる無駄な添加物が入っていないジュエルレインが背中のニキビケアにはおすすめです。

返金保証付き!ジュエルレインはこちら

arrow10_70x35_grnarrow10_70x35_grn[5]arrow10_70x35_grn 

ジュエルレイン公式サイト

このページの先頭へ